ネイル

ネイルケア

サロンでネイルというと、頭に浮かぶのはネイルカラーやネイルアートの装飾ではないでしょうか?
しかし、エステサロンでは、ネイルケアから始めるところがほとんどなんですよ。

 

手は身体の中でも一番の働き者。
濡れたり乾燥したり、擦れたり圧力がかかったり、本当に酷使されているパーツですよね。

 

その中でも先端にある爪。

 

どうですか?でこぼこしていませんか?
ささくれや二枚爪になったりしていませんか?甘皮は整っていますか?

 

指先の美しさは、その人の印象として大きく残るものです。
できるだけ日頃からのネイルケアを意識したいものですが、
実は自分でケアをして、きれいに保つのってけっこう面倒だったりするわけです。

爪の健康チェックから

そこでまず、エステサロンでお手軽ネイルケアを、お試ししてみませんか?
おすすめはネイルだけでなく、ハンドケアとセットになったエステです。
手と爪をしっかりエステケアすることで、その良さを一層実感できると思います。

 

ネイルケアは、まず爪の健康チェックから始めるエステが多いようです。
あまり酷い巻き爪などは、場合によっては専門医にかかることをすすめられることもあります。

 

爪に健康上の問題がなければ、専用コスメなどを使って充分に潤いを補い、
表面を滑らかに削ったり、甘皮の処理をして、爪の形を整えていきます。
サロンによっては、カラーまでを行うところもあります。

さて、地爪が美しく整ってから、希望に応じてネイルアートを楽しんでみましょう!
ネイルアートには、様々なテクニックや種類があります。
ここでは、その種類をいくつかご紹介します。

 

●カラー
 爪に色を塗ることです。
 また爪の保護も目的としているので、必ずしも色の付いたものではなく、透明なものもあります。

 

●ネイルアート
 爪に模様を描いたり、キラキラのラメを乗せたり、3Dの飾りを取り付けたりします。
 シンプルなものから、芸術性の高いデザインまで様々ですが、ネイリストのセンスや技術が問われるところでしょう。

 

●アクリルネイル(スカルプチャー)
 アクリルを使って爪の長さを出すものです。
 強度もありますが、そのため柔軟性に欠けるので、指を酷使する人にはあまり向いていないようです。
 スカルプチャーの上からジェルネイルを施すことも可能です。
 10日〜20日ごとに、サロンでのお手入れが必要。
 外す時もサロンの専用リムーバーを使って落とします。

 

●ジェルネイル
 とろみのある合成樹脂を使った液体を、UVで固めるタイプのものです。
 比較的、爪に負担が少ないといわれています。
 また、アクリルネイルに比べて短時間(30分弱)で仕上がるのも、人気の理由でしょう。
 仕上がりは透明なツヤ感があります。
 色褪せもなく、半月〜1ヶ月ごとに伸びた部分のリタッチをすれば、2ヶ月や3ヶ月くらいは長持ちします。
 ジェルネイルは、マニキュアのように剥がれてしまうことも、ほとんどありません。
 水仕事や家事をしてもダメージがないのも嬉しいですね。

 

●ネイルチップ(付け爪)
 爪の形をしたチップに、ネイルアートを施したものです。
 地爪に専用テープや接着剤を使って取り付けます。
 脱着が可能なのが特徴です。

 

関連ページ

ボディケア
ボディケアについて
ヘッドスパ
ヘッドスパとは?
フェイシャル
フェイシャルとは?
アロマテラピー
アロマテラピーとは?
VIO脱毛
VIO脱毛とは?