失敗しないエステ選び

失敗しないエステ選び

自分がエステに何を求めているか、明確にしましょう。

 

具体的に何をしたいのか、それをはっきり絞り込むことから始めます。
「腋のムダ毛をきれいに処理したい」、「顔のニキビ跡を改善したい」など、
出来る限り具体的にすることで、どこのエステサロンを選ぶべきか、方向性が見えてきます。

 

また、ここでしっかり自分の意思を確認することで、
もしもエステサロンで他のコースや、コスメの追加購入などの勧誘を受けても、
自分に取って必要か不要かの判断が下しやすくなります。

 

なので、自分がエステに求めていることが何かを明確にしておくことは、とっても大切な作業です。

 

幾つかのエステサロンを、リサーチしましょう。
インターネットでの口コミは、人の感想とはいえ、実際に経験した人の話なので参考になりますね。

 

「○○サロン+脱毛」や「○○サロン+感想」のようなポジティプ・ワード検索だけでなく、
「○○サロン+失敗」、「○○サロン+不満」などのネガティブ・ワードでの検索も必要かも。

 

ただし、その情報がどのくらい信憑性があり、根拠があるかなどの見極めは大切です。
過剰な期待をして、落胆してしまった人の感想と、現実的な目的を持ってエステを受けて
、満足した人の感想では、同じサロンの同じ技術でも全然違う意見になるものです。

 

予約する前に、一呼吸置きましょう。
エステサロンは、電話やメールでまずは予約を入れるのですが、
その前に疑問や不安に感じていることを率直に尋ねてみましょう。
その時の対応で、そのサロンの雰囲気がかなり感じ取れますよ。

 

電話やメールでの対応に、少しでも疑問や不快な点があったら、
そこは直感を信じてリストから外しましょう。

 

数店舗に問い合わせてみて、感触を得ることをおすすめします。

 

パーフェクトなエステサロンは、存在しないことも理解しておきましょう。
何もかも思い描いた通りに実現してくれるエステサロンというのは、基本的には無いものだと思いませんか?

 

もし、そんな夢のようなサロンがあったとして、いったい料金は幾らかかるのでしょう。
そう考えると「妥協」ではなく、「妥当」な条件というのが、自分の中で見えてくると思います。

 

エステサロンで不本意な契約をしてしまった!
エステティックサロンは『特定商取引』による法で、『特定継続的役務提供』に当てはめられています。
なので、クーリングオフが適応されますが、それにはひとつ条件があることを知っておきましょう。

 

条件:エステに通う期間が1か月を超えて、料金が5万円を超えるもの
ただ、クーリングオフの手続きは少々手間隙が掛かることも事実。
できれば、そんな事態になる前に回避したいものです。