ハンドケア

ハンドケア

女性に取って年齢が出やすいパーツのひとつ、それは『手』ですよね。
つい、おろそかにしてしまうと、あっという間にそのツケが現れるのも『手』です。

 

ハンドケアというと、日常ではこまめにハンドクリームを塗って保湿や保護をしたり、
寝る前に専用の手袋をはめたりと、一見お手軽そうですが、
それさえウッカリ忘れてしまったり、面倒なときもありますよね。

 

「まあ、いいや」と放置された手は、自分が思う以上に人目に触れる部分でもあります。

手を大切に

バレエのダンサーたちは、手をとても大切にするそうです。
それは、手の形で言葉の代わりをするからだそうで、まさに『手』は口ほどに物を言うわけですね。

 

私たちもバレエのダンサーほどではないにしても、人と話す時に無意識に手を動かしてませんか?
ほら、「身振り手振り」って言うでしょう。

 

その時に、相手はあなたの顔ではなく、手を見ているのです!

 

理想の手はどんな感じでしょう?
瑞々しく透明感があり、ほっそりとしていて、もちろんささくれなんてありません。

 

爪も美しく整えられていて、指輪をはめてもむくみなんて出ない、そんな手って素敵ですよね。
けれど現実は、仕事や家事で手は酷使されます。

 

瑞々しさや透明感とは程遠く、カサつきやシワシワ、
更にそのシワが線になって黒ずんでいたりと、率直に言ってかなり悲惨ではないですか?

 

そんな『手』は、自分でケアするよりも、思いきってエステサロンのハンドケアにお任せしてみましょう。

 

豊富な知識と経験のあるエステティシャンが、
最高のテクニックと専用の美容器具やコスメを駆使して、美しい手によみがえらせてくれるでしょう。

ネイルサロンと異なるハンドケア

ハンドケアは、手だけでなく爪も品良く整えてくれるサロンがほとんどです。

 

自分でやるには、少々手間のかかる甘皮の処理や
地爪本来の健康を促進するマッサージや、研磨などです。

 

ネイルサロンと異なる点は、ネイルケアつまり、爪そのもののお手入をすること。
あくまでも本来の素手の美しさにこだわっているサロンが多いようです。

 

そうして、健やかな地爪を取り戻してから、ネイル装飾をされることを推奨しているようです。
確かに美しい土台があってこそ、可愛らしいネイルのカラーリングも映えるというものですよね。

 

ハンドケアの一例
・リンパマッサージ
・オイルマッサージ
・指圧マッサージ
・ブライトニング(美白)
・ピーリング
・ネイルケア

 

実は、手を見られるのは女性ばかりではありません。
男性も女性に、『手』を見られていて、
実際のところそのポイントが大きいことを男性は知っているのでしょうか?

 

私は是非、男性にもハンドケアはおすすめしたいです。